当園のミカン品種紹介
 

三宝柑(さんぼうかん)

大型で頭のところがぽっこりと飛び出しているユニークな形のミカン。

黄色く厚い皮に包まれた果肉はとてもジューシーでさわやかな春の味。

中の袋が固いので、一つづつ剥いて食べる。
 


三宝柑の由来は、江戸時代、和歌山県において発生、柚の遠縁にあたると言われている。名前の由来は、紀州徳川家に献上の際、三宝に載せた為と伝えられている。

果実の大きさは200〜250グラム前後、果皮は厚く粗いが、もろく剥き易い。果肉は淡黄橙色で香気があり、風味は良いがやや淡白。特徴的な形をしているため、だるま柑と呼ぶ地域もある。

 
 
 価 格
 15`化粧箱入り(風袋込み重量) 4,000円(税込)
 

 出荷カレンダ−:3月20日前後〜4月中旬 ※収穫期までは予約販売となります。
 
Copyright @ 2003 Webnanki. All Rights Reserver