当園のミカン品種紹介
 

福原オレンジ(ふくはらおれんじ)

古くから日本で作られているオレンジで、当園のオレンジの木はなんと樹齢70年にもなります。

オレンジ色の皮に包まれた果肉は甘みが強く、とにかくジューシーでナイフを入れれば果汁がしたたる。
甘い香りも強い。

一番おいしい食べ方は、丸ごと皮を剥いてそのままかじる。こんなおいしいものアリマセン!




福原オレンジの由来は、千葉県の福原氏の園で、明治35年頃、柚にネーブルなど6種類を接ぎ木し、異なる変異枝が出ているのを発見したのが始めです。

果実の大きさは150〜200グラム前後、果皮はやや厚く、果面はやや粗い。果肉は柔軟多汁でオレンジ特有の香気を有し、甘味強く品質は良好です。
 
 

神戸西宮のドイツ菓子&カフェのお店 カーベ・カイザーさんのバターケーキとオレンジグラッセに、当園の福原オレンジとニューサマーオレンジを使っていただきました!それぞれ季節限定で販売中です。

味と安全・安心にこだわる老舗のカーベ・カイザーさんからお声をかけていただきました。

 
 価 格
 8`化粧箱入り(風袋込み重量) 3,200円(税込)
 10`化粧箱入り(風袋込み重量) 4,000円(税込)
 

 出荷カレンダ−:4月20日前後〜5月中旬 ※収穫期までは予約販売となります。
 
Copyright @ 2003 Webnanki. All Rights Reserver